スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
術後検診と、胆のうの亡霊?(汗) 
今年も残り少なくなって参りましたが(このセリフ、書きたくないんだけど・・・)
毎日毎日 寒いですね~~(>_<)


さてそんな中、
退院して3ヶ月の術後検診と腫瘍の転移チェックのため
バニラを連れて大学の動物病院に行って来ました。
朝5時に家を出発して、帰宅したのは夜の11時前・・・・・
ダンナと交代で、私も行程の1/3程度は運転したのですが
行きも帰りも暗い中の高速道路は初めてで緊張しながら運転していたのと、
あと、病院の待合室の椅子に座って待っている時間が長かったので
今朝起きると背中と腰がパンパンに張ってました(^^;
(午前中、待合室で文庫本1冊読み切ってしまいましたから。ハハハ)


それで、バニラの検診結果ですが・・・・・

いちばん心配していた副腎褐色細胞腫の転移らしき所見はありませんでした!
残った方の副腎も(今回は副腎単体の検査はしていませんが)見るかぎり
正常な状態であろうというお話で、ひとまずホッ(嬉)

心臓は前の検査データと比較して特に病状が進行している様子は無く
重い心肥大であるには違いないけど、エコーで見ると弁の逆流などは殆ど無し。
レントゲンだと肺に若干もやがかかっている部分があるという説明でしたが、
午後から撮ったCT画像は意外と綺麗だったので
「もしかしたらレントゲンでは脂肪が邪魔していたのかも」ということでした(^^;
また、副腎の腫瘍を取り除いたことで、
手術前は麻酔をかけると出ていた不整脈や高血圧も今回は出ることなく
麻酔からCT検査までの流れもスムーズにいったようです(^^
(同意書を書く時は本当にドキドキしたのですが、麻酔で問題が無くて良かったです)
血圧はこれまでのかかりつけ病院でのデータも含めやや高く、不整脈もあるものの
今まで特に目立った症状が無いということは
バニラちゃんの体はこの状態で慣れてしまっているのかな、と仰っていました。
とりあえず心臓に関しては、今まで通りの投薬治療をキープ。

そして同じくCTで、脾臓や肝臓にポチポチといくつか白い点は見受けられるけれど
これらは今のところ特に問題無いでしょう、とのこと。
肝臓やすい臓に関しては血液検査の数値もクリア。
今回は貧血も良くなっていました(^^
血液検査の中ではBUN(尿素窒素)とK(カリウム)の数値がオーバーしていましたが
こちらも現時点でそれほど問題は無いでしょうということでした。

ここまではまぁ良い方の検査結果。
それで、今回CT検査で予想外のことが分かったのですが・・・・・


先生が「胆のうなんですけどね・・・」と仰るので
「は・・・?胆のう、ですか?」と間抜けな声を出してしまったのですが
(胆のうは手術で全摘してバニラにはもうありませんので)
「とりあえず画像を見ていただきましょうか」と二つのCT画像を画面に出す先生。

まず手術前の画像を示して
「ここに大きくなった胆のうがありますね。
 これを手術で全部取り除いた訳なんですけど・・・」
そしてつい先ほど撮った画像、
「ここを見て下さい」と指された場所には丸い何かが白く写っています。
「まるで胆のうがあるみたいでしょう?
 これは多分、バニラちゃんの胆汁がうっ滞して拡張した胆管です」

つまり、胆のうは肝臓から出た胆汁を一時的に溜める場所なので
通常は胆のうを摘出したら胆汁は留まることなく十二指腸に流れていくはずです。
だけどバニラの胆汁はよほど粘度が高い(ドロドロ)のか、
途中の胆管にうっ滞したものがCTで輪切りにして見ると、
白く丸く、まるでそこに胆のうがあるように写っているのだろうと。
「こういうパターンは珍しくて、僕もあまり見たことが無い」と仰るので、
驚いて、「先生、胆管が詰まったりすることはないんですか?」と尋ねると
「その可能性が全く無いとは言い切れない」とのことでした。

これには正直、驚きました。
せっかく胆のうを摘出して危機を脱したと思ったのに
これでは(飼い主の気持ち的にも)手術前に逆戻りしたような・・・。
バニラの胆汁は胆のうに溜まっている間にドロドロに変化するのだと思っていたら
分泌された時点でもうかなりドロドロしているということですよね。
本当にもう・・・ゾンビに遭ったような気分でしたよ。orz

とりあえず今はバニラの食欲も戻って体調は良いようなので
今まで通り利胆剤と胆管を開く作用のあるお薬(ウルソとスパカール)を
継続して様子を見ることになりました。
嘔吐が続いたり食欲が落ちたりすることがあれば受診して下さいとのこと。
本当にどうしたものでしょう、バニラのこのドロドロ胆汁・・・
何か胆汁をサラサラにする良い方法はないのかしら・・・(ノω・、) ウゥ


腫瘍の転移が無かったことは本当にホッとしましたが、
スッキリ軽い気持ちで年越し~♪とはいかない検査結果でした。
しかし、くーちゃんといい、バニラといい、
病院にかかると何気に「珍しい」と言われることが多いんですよね・・・
特に何も変わった飼い方はしてないんだけどなぁ。ウーム...( ̄ヘ ̄;)
 
 

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。