スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山を越えて(とりあえず) 
相変わらずお薬とごはん方面の格闘は続いていますが、
体力的には日に日に回復が感じられるバニラさん。
退院してすぐは、外に出ても家の敷地内でトイレを済ませるだけでしたが
昨日今日は自ら道に出て、ほんの短い距離ですがお散歩して帰りました。
(歩く距離はバニラの体調に任せています)

それと、一昨日ホームセンターで
玄関のステップ代わりになる台を探して買ってきたのですが、
今朝はそれを使って段差もどうにか自分で上がることができました(^^
ゆっくりでいいから、ちょっとずつ頑張ろうね~。


RIMG3970.jpg

今朝はお天気良すぎて、色がとんじゃってますが・・・・・
網戸越しに外を見ながらチラチラと何やら訴えるバニラ。

お散歩は後でね( ̄∀ ̄;


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先週末、かかりつけの動物病院にお薬をとりに行ったのですが、
その時 先生に、退院後バニラにお薬を飲ませるのが大変で
好きなものしか食べなくなってしまって手を焼いている、
今のところは仕方ないけど・・・とボヤいたら、

「うーん、もういいんじゃないですか?これから先は(^^;」と。

ん?何だかくーちゃんの時にも似たようなセリフを聞いたような・・・(笑)
でも、あの時もう先が長くないと分かっていたくーちゃんと違って
バニラにはまだまだ元気でいてもらいたいのに・・・と思っていると、

「そういえば僕も大学の先生からお話を聞いたんですけど、
 バニラちゃんの肺水腫、相当ひどかったみたいですねぇ。
 いや~・・・治療をした先生もすごいけど、
 バニラちゃんもすごいですよ。よく頑張りましたね。」と先生。

そう言われて、あぁそういう事ね、と先ほどの言葉の意味が分かりました。
つまり、獣医さんの立場から見るとバニラの容態はきっと私達が思っていたより
うんと悪く、「生きて帰って来ただけ運がいい」という事なのでしょう(汗)


確かに・・・・・

胆嚢粘液嚢腫の手術については、こちらに分かりやすく書かれていますが

・「胆嚢粘液嚢腫」 新千歳動物病院のブログ
 (※内臓の写真があります、苦手な方はごめんなさい)

胆嚢摘出というのは手術の難易度に関わらず『術後死亡率』が比較的高いと
2年前に初めて手術の話が出た時にかかりつけの先生から聞いていました。
心臓の悪いバニラの場合、まずは手術から生還すること。
その最初の難関は乗り越えてくれましたが、ホッとしたところに重度の肺水腫・・・。
それも先生のおかげで徐々に落ち着いていきましたが、
「退院」の二文字が出るまでは決して楽観してはいけないとずっと思っていました。

ですが、「周術期を乗り越えた場合の予後は良好」とも言われるのが胆嚢の手術。
退院の二日前に大学の先生からお電話をいただいた時に
「(バニラは他にも色々と問題を抱えてはいるけれど)
 胆嚢に関しては、もう『術後死亡率』の心配はしなくてもいいですか・・・?」
と、どうしても確認しておきたくて尋ねると
「はい、もうその点は心配いらないと思いますよ」
と言ってもらえて、これで安心して退院できると本当にホッとしました。
(先生にすれば「まだそんな事を気にしてたの?」という感じだったかもですが・笑)

それとこれは、バニラの面会に行った際に聞いたのですが
切除した胆嚢を調べてみたところ、周囲の壁?が随分薄くなっていたそうです。
初診の検査から手術までの短い期間にも胆嚢のサイズが大きくなっていた事を
考えると、いずれ胆嚢破裂を起こしていた可能性が高かったとのこと。
緊急に対応できる病院の無い地元でそんな事になっていたら・・・・・
考えるだけで冷や汗が出そうです。

バニラを大学に預ける時は「もしかしてもう帰って来れないかも」と思ったし
バニラにも大変な思いをさせてしまったけど、
このタイミングで手術を決めたのはきっと良かったんだろうな・・・と今は思います。
何だか上手く言えないのですが、バニラがたくさんの山を乗り越えて戻って来たこと、
それを助けてくれた本当に様々な、ありとあらゆるものに感謝です。

・・・実はまだ、摘出した副腎の病理検査の結果が出ていないので
タイトルには(とりあえず)を入れてみた訳ですが・・・・・。
(もしかして、もうひと山あるかも?うわー)(>_<)

ともあれ今は、日常に感謝しつつ、時々ボヤきつつ(笑)、
バニラと二人三脚で頑張って行きたいと思います。


≪おまけ≫

RIMG3978.jpg

バニラのお薬を貰ってくると、いつもこのように薬袋を並べてあるので
大体、前から順に袋から出していけばそうそう間違うことは無いのですが、
今はさすがの私も「あれ?」と分からなくなることがあるので
二重チェックのために冷蔵庫にメモを貼りつけています(^^;
(薬を出し終わった後で念のため指さし確認)

ちょっとボヤきたくなる気持ち、分かっていただけます?(笑)

 
 
 
確かに・・・沢山のお薬を間違えない様に飲ませるのも大変ですよね。
バニラちゃんの少しずつ体力も回復しているのですね。
病院の先生の話では有りませんが,もう暫しバニラちゃんの好きな物を食べさせてあげて甘えさせてあげても良いのでは?
そんな事してたら元の様に食べ無く成りますかね~~??
 
こんにちは~

バニラちゃんほんとに大変な手術頑張ってくれたんですね~
そう思うと・・まだまだ心配はあるけど
帰ってきてくれただけで感謝ですね(^^♪

食事のことは食べるものをボチボチ食べてもらって
もちろん大丈夫な範囲ですが・・
気候もよくなってくるし・・食欲もでてくるかもでですよ!

それにしても・・お薬の量ははんぱないですねv-399
大変だわ・・
たまさん頑張って~
 
■ありすさん
おかげさまで、体力は日に日に回復しているような気がします♪

バニラ、入院前は本当に好き嫌いの無い食いしん坊で
食べさせるのに困るという悩みとは無縁だったんですよね。
今はすごく食べ物やお薬の匂いに過敏になっているようなので、
しばらくは食べてくれる物で様子を見てみようと思って月曜の夜から手作りごはんにしてみました。
だんだん警戒心が解けて、食欲が戻ってくれるといいのですが(^^;

■ちぇりんこさん
はい、実は私達が思っていた以上に大変だったみたいで・・・本当に感謝です(汗)

と言いつつ、食事とお薬は本当に頭が痛いです~(>_<)
食事の方はとりあえず手作り食にして食べてくれるようにはなったんですけど
バニラの場合は制限も多いので、できればフードの方が管理はしやすいんですよね・・・。
毎回のカプセル詰め作業も慣れてきたとはいえ、やっぱり大変ですし(^^;
元通りとは言わないまでも食欲が出てきてくれることを祈ってます~。

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。