スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パブリックコメントにご協力を 
さっそくですが皆様、
現在、環境省が「動物の愛護及び管理に関する法律」の見直しにあたり、
動物取扱業の適正化に関するパブリックコメントを募集しているのをご存知ですか?

・環境省 報道発表資料

この法律は平成11年から5年ごとに見直しが行われているのですが、
『 One Action for Animals 』さんによると、例えば前回の5年前のパブコメでは
「8週齢未満の子犬子猫の販売を禁止する」という案に対して
反対9500票、賛成200票という結果で見送られています。
これは案が通ると都合の悪い業者による組織票が働いたものと考えられます。

今回も同様のことが起きると、また5年間、日本の動物愛護は停滞してしまいます。
この貴重な機会に、皆さんも国に意見を送ってみませんか?

まずはこちら。

・One Action for Animals パブリックコメントについて

出してみたいけど難しそう・・・という方のために
例文を公開したり、作成補助ツールを提供して下さっているサイトもあります。

・Free Pets パブリックコメント

・ほぼ日刊イトイ新聞 犬と猫と人間のはなし。

・『犬猫救済の輪』 動物愛護活動ドキュメンタリー

・渡辺眞子オフィシャルブログ パブリックコメントの書き方 2

・パブリックコメント作成補助ツール

(こちらは手書き用に。郵送やFAXに使える提出用フォーマットがDLできます。
 ・ちばわん パブリックコメントに参加をお願いします!!

(※事情により、『公益財団法人どうぶつ基金』さんのリンクは一旦外させていただきました)


いずれも例文そのままの内容で応募されても構いませんが、
よく読んで自分の意見と違う部分は、ご自身の言葉で考えてみて下さいね(^^
私も重い腰を上げて、やっと今日まとめました(^^;A
〆切まであと1週間しかありませんが、どうぞご協力お願いします。
 
 
こんばんは 
不勉強な私は、↑知りませんでした。
時間が無いようなので、我が家のブログにも、転記させてくださいね。
もし、不都合なことがありましたら、ご連絡頂けますか?

バニラちゃん、ご実家でもお座敷OKになって、良かったですね。
玲雄は叔母のお家では応接間と私達が寝る部屋に隣接する縁側(室内)犬です(笑)。
 
■Chamaさん
転載ありがとうございます(^^

私も、パブリックコメントの募集自体は以前から知っていたのですが
前回(5年前)そんな事が起こっていたとは露知らず・・・。
ツイッターの方では随分盛り上がっていて、
今回は環境省のメールボックスがパンクするほど一般からの応募が増えているようです。
Chamaさんもよろしければ是非♪

玲雄くんもお部屋には上げてもらえるんですね~(^^
ダンナ実家は和室ばかりなので、こちらが「いいのかな」と気を遣ってしまいます(^^;
でもバニラはやはり慣れた場所が落ち着くみたいで
暑いと板間やアルミボード、涼しいとマットの上、と玄関スペースで寝ていることが多かったです。

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。