スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日で1ヶ月 
くーちゃんが亡くなって今日で1ヶ月。
あっという間に桜のシーズンも過ぎてしまいましたね。


いなくなってみて思うことですが・・・

特に仲が良かった訳でもなくマイペース同士だったバニラとくーちゃん、
だけど、「2匹いる」それだけで、きっとバランスがとれていたんだなぁ。
2匹それぞれが別々の場所で寝ていたって別に何とも思わなかったのに、
ひとりっ子になったバニラが背中を向けて寝ている姿を見ると
何となく寂しげなような、つまらなさそうな・・・そんな風に見えてしまいます。

2匹いた時も、私もいつもいつも構っていた訳ではないのですが
1匹だけになってみると、「あれ?どうやって1日過ごしていたっけ?」なんて・・・
トライアングルの一辺が欠けてしまって
まだ何となく1対1で付き合うペースが掴めずにいる今日この頃です。
(※ダンナはこの場合、頭数に入っておりません・笑)

うーん、バニラは元々ひとりっ子だったんだけどなぁ(^^;


私はというと、くーちゃんがいなくなって最初の3、4日は
何をしていても涙がこぼれて仕方ありませんでしたが、
その後は思ったほど落ち込むこともなく割と落ち着いていたので
「あれ、こんなものなのかな」なんて思っていたのですが、
2週間過ぎる頃から心身ともにズドーーーンと来ました(汗)

何だか心が晴れず、体も重くて何もやる気が起きなくて・・・・・
今もそれは続いていますが、少しずつ上向いてきているところです。
私の場合、何もなくても毎年春先は気分が落ち込みがちで
おそらくそれも重なってのことなので、この先は徐々に回復してくると思います。
なので、あまり心配はしないで下さいね(^^;



まだくーちゃんがいた頃、参考にさせていただいていた介護ブログの中に
『老犬介護はご褒美』 という言葉があったのですが、 
本当にその通りだな・・・とあらためてその言葉を噛み締めています。

思えば2009年の秋頃からだんだん室内トイレの失敗が増えてきて
紙オムツへの移行、グルグル運動(徘徊)も徐々に始まって、
一日の睡眠時間が増え、食べていても体重が少しずつ落ちてきて・・・・・
痴呆を含めた老化が目立つようになってきたのはこの頃からだと思います。
ただ、その頃はまだ(今思うと)基本的な体力には余裕がありました。


昨年末に眼振発作で倒れてから・・・
自分で本格的に『老犬介護』が始まったと認識しているのはここからです。
この頃からくーちゃんの状態の変化は目まぐるしく、
日々それについて行くのに無我夢中だったように思います。

でも私には、それが楽しくもあったんです。

もちろん、「しんどいなぁ」「どうしよう」「見ているのが辛い」・・・
そう思うことも山ほどありましたが、
今思い返してみると、どんどん変化していくくーちゃんに合わせて介護の工夫を考えたり、
元気な頃あまり手の掛からなかったくーちゃんの世話を焼けるということは
語弊があるかもしれませんが、私にとってはとても楽しい仕事でした。

だんだんと体の自由が利かなくなって、寝たきり状態になっても
くーちゃんは寝顔ですら笑わせてくれたし・・・(笑)

本当に幸せな毎日だったなぁ・・・・・と思います。

ずっと頑なに自分の寝床でしか寝ようとしなかったくーちゃんが
亡くなる前の冬には急にお布団で添い寝してくれるようになり、
痴呆が進んでからは体中どこを触っても怒ったり怯えたりしなくなって
いっぱい抱っこすることもできました。
そのおかげで、今もくーちゃんの感触をありありと思い出すことができます。
痴呆のせいで意思の疎通をはかることは難しくなってしまったけれど、
最後の1年半はそれまで以上にくーちゃんを近くに感じた時間だったと思います。

そんな幸せな時間を持てたこと、
そして穏やかな形でくーちゃんの最期を看取ることができたことは
本当に恵まれていたと思うし、さまざまな形で支えてもらった
多くの皆さんには今も感謝の気持ちでいっぱいです。


欲を言えば・・・
もう少しだけ、お世話を続けていたかったけど・・・・・


生きている間は大変だし面倒なことも多いけど、
でも、「してあげられることがある」というのは
本当に幸せなことなんだとくーちゃんがいなくなってから何度も思います。
どうか、生きて傍にいる子たちとの時間を大切に・・・・・。
私もこれからバニラとの過ごし方をゆっくり探していきます(^^

IMG_0588a.jpg
2005/09/15
 
 
寂しさだけは。。。 
どうにも解決しようのない感情ですよね~。。。
周囲で見ていると、十分に手をかけて送って揚げたように見えても、当事者にとっては、やっぱり、もう少し。。。と思うんでしょうね。。。
そう思ってもらえて、くーちゃんはやっぱり幸せな子だと改めて思います。

お疲れも出ている頃かもしれません、お身体ご自愛くださいね。

今、我が家は、玲雄を一人置いておくにはまだ不安材料が残っているので、私は殆ど家に居て、どっぷり1対1の時間を過ごしています。
気になる症状が有ると振り向く私と目が合う玲雄(笑)。

たまちゃんとバニラちゃんの1対1のこれからの暮らしはどんな風になって行くのでしょう。。。
バニラちゃんとの時間大切にしてくださいね。

今回はなんとか戻って来れましたけど、ここ2~3ヶ月の玲雄の病気の急展開で、今、この瞬間がどれだけ大切か、本当に身にしみました。
 
こんにちは~先日はコメントありがとうございました。

やっぱりまだまだ。。寂しいですよね。
だってまだ1ケ月ですもん。
色んな思いで思い返す度に寂しさが募るし
会いたくなりますよね。
抱っこしたくなりますよね。
私これ書きながら涙がとまりません。

きっとすごく大変だっと思います。
介護といっても、わんこは痛いとかどうして欲しいとか言えないから、たまさんきっと一生懸命
く~ちゃんの伝えたいことを探したのではないですか?

今はまだ色んなことでく~ちゃんを思い出してしまうのは仕方のないことだし
思い出してあげることも、く~ちゃんへの供養になるのかもと私は思うので
いっぱい思い出綴ってくださいね。

そして、時にはバニラちゃんとの楽しいワンライフも紹介してくださいね。

く~ちゃんのご冥福を心から祈ってます。
そして、たまさんファミリーが笑顔溢れる日が少しずつでも戻って
くることも願ってます。
きっと、く~ちゃんもお空でたまさんファミリーに感謝しながら
見守ってくれてると思います。

上手く表現できなくて変てこなコメントになってしまってごめんなさい。
いかん、いかん、、、 
またもや、号泣です(え~~ん)
犬の種類と大さは違うとはいえ、いろんな意味で我が家の状況とにているし、それは差し引いたとしても、たまちゃんがずっと心をこめたお世話をしているのを(ブログを通じて)拝見しておりました。
共感するところが多いです。

我が家のヨボヨボ兄貴も、こんなになってようやくダッコできたり、、、
私も今の現状を「ちょっと大変なこと」や「ちょっと困ること」を工夫してそれを「やだ、ナイスアイデアじゃん」と発見することがとても楽しいのです。
もちろん、深夜の徘徊運動につきあって夜なべのオムツ作りも内職ちっくで妙に充実感。

たまちゃんは十分お世話しましたよ~~
私も、たまちゃんをみならってロンとの時間を楽しみます。

写真↑バニラちゃんの笑顔がいいね。
 
■Chamaさん
くーちゃんは本当にギリギリまで頑張ってくれたので、あれ以上は無理だったと思いつつ
でもやっぱり「もう少し・・・」と思ってしまいます。
欲を言えばキリが無いですね(^^;
あまりにもずっと体が重いのでQPゴー○ドを飲むようにしたら少しマシになってきました(笑)
(・・・もしかして歳でしょうか?笑)

>今、この瞬間がどれだけ大切か、本当に身にしみました。

Chamaさんにとってはこの期間は本当に寿命の縮まる思いだったと思いますが
玲雄くんが無事戻ってきた今振り返ってみれば
お互いの関係を見直す良い機会になったかもしれませんね(^^
私もバニラとの関係を再構築しなくては、頑張りますっ。
玲雄くん、もうしばらくお大事に・・・早く元気になってね♪

■ちぇりんこさん
先日は元気なちぇりーちゃんとうららちゃんに癒されました~。
活き活きした若いワンコさん達の姿はいいですね(^^
(若くても飛び跳ねて遊ぶことはなかった我が家のワン達・・・ハハハ)( ̄▽ ̄;

うーん、やっぱりまだ思い出すと寂しいですね~・・・
くーちゃんの介護は手の掛かる赤ちゃんがいるみたいで基本的には楽しかったんです。
大変な事やキツイ事も多かったですけど、今思い出すのは楽しかったことばかりです。

>思い出してあげることも、く~ちゃんへの供養になるのかもと私は思うので

そうですよね、今も毎日くーちゃんに挨拶したり話しかけたりしています(^^
これからバニラとの日々も綴っていきますね。
いつも暖かいコメントありがとうございます。

■なおさん
なおさん~、泣かないでくださいよぅ(笑)

うんうん、なおさんも工夫を楽しむタイプですよね。ふふふ
私もくーちゃんの変化に戸惑いつつ「次はそう来たか」と対策を練るのを楽しんでいました(笑)
それもこれも、たぶん大病で苦しむことが無かったおかげですね・・・
ロン兄もこのままゆるゆる老いが進んでいくといいですね。
なおさんはお仕事と両立なので、どうかお体に気をつけて適度に頑張ってください(^^

バニラ、まだ顔の色が濃くて若いですよね。
オフ会に参加していた頃の写真だと思います(^^
 
くーちゃんってつくづく思うのですが、罪なお顔していますね。
こんなお顔になれたのも、
たまちゃん一家の一員になれたからでしょう。

ダンボールの囲いも旦那さま特製歩行器もついこの間のことなのに、どうも不思議な感覚です。

いつの日か、
その瞬間、瞬間に存在したたまちゃんとくーちゃんを
幸せな思い出として、笑みとともに思い出すときがくるはずです。

くーちゃんにお礼を一言。
数週間前からくーちゃん御用達ナチュラルバランスの消化酵素を使い始めました。
消化酵素はこれで5種類目くらいですが、
ヤムに合う消化酵素ははじめてです。
耳の調子が格段によくなっているんですよ。
予定では秋に麻酔して治療してもらう予定でいました。
その可能性は、ゼロにはなっていませんが、もしかしてと期待できる状態にはなってきました。
ツンデレ仕様なのかしらね。
くーちゃんオススメコーナーは
我が家でとても役立っています。
ありがとね、くーちゃん。
 
■ウーロンママさん
『罪なお顔』、飼い主じゃなくてもそう思ってくださいますか(笑)
くーちゃんは罪つくりなズルいワンコでしたね。ふふふ

>ダンボールの囲いも旦那さま特製歩行器もついこの間のことなのに、
>どうも不思議な感覚です。

本当にそうですね・・・
全部今年に入ってから出来事なのに、ずいぶん時間が経ったような気がします。
ついこの間までここにいたんですよね・・・
笑顔で思い出すにはまだちょっと時間が掛かりそうです。

>ヤムに合う消化酵素ははじめてです。

そうですか!良かったです。(ツンデレ仕様?笑)
腸内環境が良くなると免疫力がアップすると聞いたことがありますが
ヤムちゃんのお耳、このまま落ち着いててくれるといいですね(^^

『陽炎の辻』、久々に聞いて懐かしかったです(当時ハマってました)
なかなか気が休まらないと思いますが、ウーロンママさんもどうかお体に気をつけて。

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。