スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲喜こもごも、の8周年 
2003年の今日、突然やって来た(正確には私が拾って連れて来た)
薄汚れてやせっぽちの放浪犬が・・・・・

a-P1010256.jpg



だんだんとお座敷犬らしくなり・・・・・

a-P1010377.jpg

a-IMG_1259.jpg

a-P1030267.jpg



一緒にいくつかの季節を過ごして・・・・・

a-CANON 162

a-IMG_0588.jpg

a-P1020282.jpg

a-P1020290.jpg

a-P1030059.jpg

a-CANON 103

a-P1010317.jpg

a-IMG_0842.jpg


今日、無事8回目の記念日を迎えることができました。

本日のくーちゃんです。

a-RIMG3305.jpg

ずいぶん歳とったねぇ。

いつも見守って下さる皆さんに感謝です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


実は3日前から、また夜鳴きが始まったくーちゃん。
ただし今回は明らかに吠え方が今までと違っています。
いわゆる「痴呆犬の夜鳴き」というのでしょうか・・・・・

午後からあまり寝かせないようにしても、グルグル歩行器運動で疲れさせても
深夜になると目を覚まして一本調子で吠え続けています。
首をのけぞらせ目を見開いて吠えている間、
顔を覗き込んでも私達のことが見えているのか、いないのか・・・・・という感じ。
今までは原因不明のパニック吠え以外、鳴く時は理由があったんですけどね。
「転んだから起こして」「寒いから毛布を着せて」「布団に入れて」etc.
どこを見ているか分からないような顔をして吠え続けるくーちゃんを見ていると
ちょっぴり切なく哀しいです。

だけど、このタイミングでこれも何かの縁なのかもしれませんが、
ダンナが職場でたまたま応対したお客様が痴呆犬を看取った経験のある方で
色々とお話を聞かせてもらったのだそうです。
曰く、「痴呆犬とはそういうものだ」と割り切って付き合うしかないと。
けして悪い意味では無く、
飼い主があれこれ画策しようとも困った症状が出る時は出てしまう。
だから、周囲への迷惑を最小限に抑えるような工夫は大事だけど、
いちいちキリキリしたり思い悩んだりしても無駄なのだから
お互いが楽に暮らせるように、時には飼い主優先で頑張り過ぎないように、
ということのようです。
他に具体的な症状に対するアドバイスなども色々いただいたみたいで、
ダンナから自分でもあれこれ工夫してみようという意欲を感じました。
(私もネットで得た情報で同じような話をしたことがあったと思うのですが
 身内の私より経験者の他人のお話の方がすんなり耳に入ったようです・笑)

これまではくーちゃんが夜中に何度か鳴いたりすると
ダンナは「明日も仕事なんだから勘弁してよー」という感じで、
そうすると私も「どうにかしなくちゃ」と焦ってキリキリしたりしていたのですが
その方のお話を聞いてからダンナも「そういうもんだ」と吹っ切れたようで、
私の方はそれだけでもすごく気が楽になりました。
このタイミングでダンナがその方に会えたことは本当に有り難かったです。


今まで何度も「痴呆、痴呆」と言ってきましたが
いよいよ来るものが来たか、という感じです。
この先、どこまで症状が進むのか分かりません。
時には落ち込んで愚痴を書くこともあるかもしれませんが、
そういう時は広い心で「そんな日もあるさー」と軽く受け流して下さいね(笑)

くーちゃんは今日もそこそこにそれなりに(苦笑)元気です。
1日でも長く、そこそこでユルユル~なシニアライフが続きますように。

ちなみに記念日のプレゼントという訳ではありませんが
病院向けの痴呆症用サプリをとうとう注文しました(^^;
少しは効果があるといいなぁ。。。

 
 
 
8年経ったら
立派なたま家の主になってるのね~
おめでとう
そして
これからもまったり頑張れ!
第二弾(笑) 
ジョンの謎の徘徊を思い出した
どんなに心配しても考えても
治らないものは治らなかった
悪い意味ではなくてねどーでも良いや
そう思った途端にジョンは治った
あまり無理せずくーちゃん任せで
ボチボチと行きましょ~やっ
たまちゃんなら付き合っていけるわ
 
記念日おめでとうございます。
私がバニクー家と出会ったときはくーちゃんはいたっけな???
↓の作品、すばらしいですね。
夫婦の愛の共同作品ですね^m^

タイミングは偶然でなく必然なのでしょうねぇ。
くーちゃんがたまさんのところにやってきたことも。
痴呆老犬に対しての姿勢はある意味人間でも同じこといえそうだなぁと思いました。
あくまで我が家の場合ですが。
義父が認知症だったときは、割り切って
人に頼める事は何でも頼んで自分たちの体力的負担はなるべく減らしました。
その分出来た「楽」は精神的余裕と時間になって、
義父への優しさに変換できた気がします。
割り切った部分がちょっと違うかもですが^^;
でも介護する側が頑張り過ぎないようにしたところは同じです。

サプリの効果で少しでも皆さんが長く眠れますように~。
私もここ1年半、3時間続けて寝てませーんw(ある意味夜鳴き?)

 
昨日が8周年だったんですね。
私がくーちゃんを知った頃は、まだ、ちょっとガウガウスティッチ犬でしたね。

以前、「バニラちゃんとくーちゃんは姉妹犬ですか?」って聞かれて、どこが?っておっしゃっていましたが、“似てる”って気持ちがわかります。
だんだん、お顔が似てきたんですね。

ウチはどんなことがあっても、絶対に似ませんよ!
 
たまちゃんがくーちゃんを保護した頃のこと、覚えてますよ。
獣医師広報板に迷子記事を載せたりしてましたよね。
いいご縁があれば…が、なぜかたまちゃんちに居着いて早八年…、
本当にあっという間だったんじゃないでしょうか。(^-^;A

愛犬の老いて行く姿を見続けるのは辛いことだけれど、
介護出来るまで長生きしてくれたことには感謝ですね。
今年の冬は寒くて老犬には殊更厳しいものになりそうですが、
共倒れにならないよう「上手に力を抜いて」乗り切って下さい。
愛犬の元気の源は、「飼い主さんの笑顔」なんですから。(^-^)

(▲上のウーロンママさんの記事の、バニくーちゃんが
姉妹犬に間違われたという話は、たまちゃんやご主人の笑顔を、
二頭が見よう見まねで真似ていたせいだと思います。
笑顔の多い家庭で飼われている犬は、良く笑うそうですよ。)(^-^)
 
■おっかあさん
ありがとうございます(^^
先の事を思うと不安もありますが、まっ、考えても仕方ないですもんね(苦笑)
ネガティブ思考はなるべく奥にしまって、
ボチボチと付き合っていける時間があることを幸せだと思って頑張ります。

ボケてはしまったけど、できることなら最期まで苦痛は少なく穏やかに・・・
ジョンさんが限りなく理想に近い目標です(^^

■小鉄。ちゃん
風邪はもう大丈夫ですか~?コメントありがとう!

>夫婦の愛の共同作品ですね^m^

ぶははっ、その言い方はちょっと~・・・(爆)
くーちゃん、今日もブイブイ言わせて乗り回してますよ(笑)

そっかー・・・小鉄ちゃん。夫妻は認知症のお世話を経験していたのね。
うちも叔母の嫁ぎ先のお母さんが認知症だったらしく
後で聞いた話では相当大変だったとか・・・
犬は悪態ついたりしない分、精神的に楽かも(^^;

>その分出来た「楽」は精神的余裕と時間になって、
>義父への優しさに変換できた気がします。

それは間違ってないと思います!自分に余裕が無いと優しくできないもんね。

そうそう、私もまた寝不足が続く生活で
「乳児のいるお母さんてこんなだろうな~、大変だな~」なんて思ってました。
うちも続けて3時間眠れれば御の字デス。頑張りましょう!(笑)

■ウーロンママさん
いったん穏やかになったかのようなくーちゃんでしたが、
最近は目が見えにくくなってきたのか、目の前を横切るものに反射的にガブしてきます(^^;
スティッチ復活~(笑)

はいはい、たしか「親子?」と聞かれたような・・・(ただ大きさが大・小だというだけで・笑)
顔、似てますか???
私から見ると全く違う2匹ですけど、
一緒に暮らしていると雰囲気が似てくるのかもしれませんね。
ウーロン家のワンコーズも、見た目はともかく、やっぱりウーロン家カラーですよ(笑)
8周年おめでとうございます^^ 
くーちゃんとバニちゃんのお写真…
どれもすごく幸せそうでかわいいですね~(*^_^*)微笑ましい♪

『痴呆』…夜泣き…徘徊…etcetc
お世話する家族は、それはそれは大変だ思います。
ワンコは、鳴きたくて鳴くわけではなく。
何か原因があって鳴くわけじゃないから、止められない。
私は、ケンポコとは違う家で暮らしているので、お世話する時間も限られています。
…が、同居している両親は、その当事者です。
痴呆が始まった当初…、両親は「どうしてなくのかねぇ」「どうしてぐるぐるするのかねぇ」とちょっとイライラしていました。
私は、ネットなどである程度知識を得ていたので、それがどうしようもないことであることは承知していましたし、理解してました。
ましてや、止めることもできないことも…。
だから、両親がなんどもその疑問を問いかけてくるたびに、『痴呆』の症状の一つなんだから仕方がないんだよ!ケンポコもしたくてしてるわけじゃないんだよ!と何度も言いました。
おかげで、やっと最近、理解してくれたみたいです。
『痴呆』になったせいで、ケンポコが嫌われちゃうんじゃないかと、ちょっと心配しました。
ケンポコの世話をほとんど任せてしまっているので、少し胸が痛みます。
うちもこれから、だんだん夜泣きがひどくなっていくと思います。
それは、両親にも言ってあります。
あの声で鳴かれると、私も切ないです。

ブログを通じて、同じように高齢犬を飼われているたまさん達に出会えて、なんか勝手に心強く感じています。
みんな色々悩みながら頑張ってるんだな~って^^

あらためてこれからも、よろしくお願いします(*^_^*)
 
■みなみさん
すみません、入れ違いにコメント頂いてたみたいですね(^^;

本当に8年、あっという間でしたね~・・・
ホントのホントに最初はうちで飼うつもりは全然無かったんですけど(笑)

>介護出来るまで長生きしてくれたことには感謝ですね。

そうですね(^^
何だかんだ言ってもくーちゃんってこれまであまり手の掛からない子だったので
今はまだ、あれこれ世話を焼くのが大変だけど楽しい、という気持ちの方が強い気がします。
「介護」というより手の掛かる赤ちゃんが一人いるみたいな・・・。
そんな感じで過ごせる時間が少しでも長く続けばいいなと思います。

ふふふ、「親子?」と聞かれたことは2、3度ありましたが、
シチュエーションを考えると、単に大小の犬が並んで歩いてきたから、という感じでしたよ(笑)
(声を掛けてきたのはいずれも似たような年頃のオバサマでした。社交辞令なのか?)
でもくーちゃんが私達につられて笑顔になってくれていたとしたら
ちょっと嬉しいです。

■めぐめぐさん
あはは、すみません。
記事の写真はなるべく2匹一緒で、笑顔の写真を選んで載せたのですが
2匹とも超~~マイペース犬で普段はお互いに我関せず・・・の大人な関係です(爆)

>何か原因があって鳴くわけじゃないから、止められない。

そうなんですよね・・・理由があるとすれば「鳴きたいから」。
グルグル運動が止められないのと同じで、その衝動はどうしようもないんでしょうね。
私もくーちゃんに痴呆の症状が出始めた時、できれば認めたくなかったので
ご両親のお気持ちもよく分かります。
一緒に暮らしていないめぐめぐさんが胸を痛めている気持ちも・・・。
でもケンポコ君にはめぐめぐさんという理解者がいて良かったなと思います。

私も、めぐめぐさんがブログで声を掛けて下さったおかげでケンポコ君と知り合うことができて
ブログにお邪魔しては「うちも頑張ろう」って、元気をもらってます(^^
ケンポコ君が発する癒しパワーもすごいですよね(笑)

ホント、これからも色々あると思いますがお互い頑張りましょうね。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。
 
くーちゃんのうちの子記念日8周年
おめでとうございます!

若くてぴちぴちしていた頃のくーちゃんも
今のくーちゃんも、どちらも可愛くて胸キュンです♪

バニラちゃんとくーちゃん、親子に間違えられたのですか?
昨日、2匹連れてお散歩していたら、
「(ルルが)生んだのかい?」とおばさんに聞かれたのとダブりました。
ハッハッハッ^^;
 
■ellsさん
ありがとうございます(^^
そうそう、犬って歳をとっても可愛いから羨ましいですよね~(笑)

あっはっは!ルルちゃんもですか!?
オバサン全般に共通した現象なんでしょうか(笑)
ルルちゃんとあの子も・・・どう見ても似てませんよね!?(爆々)
はじめまして! 
初コメです。
ケンポコさんちのブログ見て来ました♪
8周年おめでとうございます!

私も「たま」でブログ書いてますよ~。
間もなく16歳になる「Coo(クー)」柴と8歳の柴、1歳の柴と暮らしてます。
何だか親近感沸いてコメしました♪
これからもチョクチョク遊びに来させて下さいね♪


 
■たまさん
たまさん、はじめまして!こんにちは(って、何だかヘンな感じ・笑)
ご訪問&お祝いコメありがとうざいます(^^

ハンドルネームも犬の名前も一緒なんて本当に奇遇ですね!
保護した時点ですでに成犬だったので本当の歳は判らないのですが
16歳というと我が家のくーちゃんの実年齢とも近いかも~。
是非また遊びにいらして下さいね♪(^^

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。