スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グズグズ・・・ 
秋分の日を過ぎた辺りから、また暑くなりましたね。
今日も少しだけエアコンを入れてます(^^;A
(午前中、近くのジャ○コに買い物に行ったら
 なんだか売場の季節感もグジャグジャでしたけど・・・笑)



さてさて・・・

早いもので前回の検査からおよそ4週間・・・
昨日のことですが、バニラの血液とエコーの検査を受けてきました。

まず血液検査の方ですが、前回振り切れていた中性脂肪は
一応、測定可能な数値までは下がっていました。
(それでも正常範囲はだいぶオーバーしていますが・汗)
他は前回と大きな変化は無く、まぁまぁ良好。

で、問題の胆嚢エコーはというと・・・
(毎回、できることなら見たくない気持ちなんですが・・・)

開口一番、「うーん・・・全体にガッツリ溜まってますねぇ」と先生。
(あぁ、やっぱり・・・ガックリ)(T_T)
確かに、今回も胆嚢の形通りに胆泥が白く映っています。
でもよく見てみると、この前くっきり細く黒く映っていた輪郭線が
今日は心なしか少しだけ太くなったような・・・?
そう先生に言ってみると、違いが微妙なせいか
「うーん、エコーの角度で違って見えたりしますからね」と言いつつ
(あ、そうなんですか・・・と一瞬ガッカリ)
でも、もしかしたら周りから徐々に溶けてきている可能性も
まったく無い訳ではないみたい。どっちなんだ~(悩)

とにかく、1ヶ月前より悪くなっていることは無いそうですが
問題はこの先どうするか・・・。

昨日も先生と色々お話させてもらったのですが、
他の胆泥症の子は、服薬、あるいはその前に食事療法の段階で
改善されてしまうことが多いらしく、
バニラの胆泥はよほど頑固な代物のようです。
今のところ、「胆嚢粘液嚢腫」への移行は見られないこと、
黒く映っている部分では胆汁の排出ができているのではないか、
ということが救いみたいですが・・・。
(そしてバニラも相変わらず食欲旺盛で元気)

今、胆嚢の収縮を促すために飲んでいるエリスロマイシンは
そもそも抗生剤なので、今後の耐性のことを考えて
先生は今回で投与をやめるおつもりだったようですが、
この薬を始めてからエコーに変化が出始めたこともあって
とりあえずまた2週間、今まで通りの処方になりました。
また答えが出せなかった・・・

なんだか先生のお話を聞けば聞くほど、
色々な状況や可能性を考えれば考えるほど、
迷って迷って、どうしたらいいか分からなくなってしまいます。

「バニラはどうしたい?」
 
 

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。