スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くーちゃんの診断結果 
昨夜、ふと見ると、くーちゃんの左耳の先の毛が
歯が欠けたように抜け落ちていました。

RIMG0490.jpg

どうやら今年も『間引きのシーズン』がやってきたようです(^^;
毎年この季節になると耳先の毛だけが束になって抜け落ち
その後、何事もなかったようにまた生え揃う不思議現象・・・
毎年の事だからもう驚きませんが、妙な体質ですよね(^^;


さて本日。
くーちゃんのレントゲン診断結果が出たというお知らせが来たので
病院に行ってきました。
まず、心配していた肺の部分ですが、炎症の跡はあるものの
肺腫瘍の可能性は無いので安心してよい、とのことでした。
咳もおそらく炎症からのものだそうです。

良かったぁーーーーー。ホッ
ご心配くださった皆さま、どうもありがとうございました(*^-^*)



ただ、もうひとつ・・・・・
 
横から撮った写真で心臓の左心室に異常が見つかりました。
おそらく 『僧帽弁閉鎖不全症』・・・
レントゲン診断にかけては大変信頼のある先生に見ていただいた
結果なので間違いないみたいです。

ただし、今はまだ初期段階で表立った症状は出ていないので
これからの投薬とケアで進行を遅らせることは可能だそうです。

・犬の病気大辞典 「僧帽弁閉鎖不全症」
・Petwell 犬の病気辞典 「犬の僧帽弁閉鎖不全症」

この辺り読んでいると、あまりいいことは書いてないんですけど
幸いと言っていいのか、昨日までは「肺ガンで手術が必要です」
と言われる可能性もあった訳で、
そういう意味では精神的ダメージはその分軽かった気がします。
(くーちゃんが元気なので実感が無いというのもあるんですけど)
今のところこの件ですごく凹んでるということはありませんので
私のことは心配しないで下さいね。

とりあえず当面の問題は、頑固者のくーちゃんに
毎日お薬を飲ませなければいけなくなったこと(^^;
今までは短期の投薬であれば
好物のウインナーやチーズで包んで与える事が多かったんですけど
心臓が悪いとなるとそうもいかないし(塩分高いですもんね)
かといって毎日毎日口をこじあけて・・・というのもお互いストレスだし。
とりあえず今日は試しにササミを買ってきてみました。
あーこういう時、丸呑み派のバニラはホント楽なんだけどなぁ(^^;
  
 
 
くーちゃん、大丈夫???
では、ないみたいだね・・・・。
なんだか難しい病名だから、今、リンクで見てきたけど・・・。

心臓が良くないのね。
チワワもかかりやすいって書いてあってえーーーってビックリした・・・。しかもオスだし・・・・。

うちが検診で言われたのは、心臓が大きめですねってことだけだね。今のところ、健康だよ。

あー、心配だね。
ずっとおくすり投与も、くーちゃん可愛そうだね・・・。
少しでも、安定しますように・・・。
 
■Lizさん
Lizさん、ご心配ありがとう~(^^
でも幸い早期発見で、くーちゃんはピンピンしてるので大丈夫ですよ。
お薬も、一緒に大好きなササミがもらえて本人は喜んでるかも(^^;
私も今まで病名くらいしか知らなかったんだけど
老齢の小型犬には結構多い病気みたいです。

ポポちゃんはまだパピーだから元気いっぱいよね♪
あ、そういえばケガの方は大丈夫だったかな?
ポポちゃんも早く良くなるといいですね。

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。