スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懲りない飼い主 
先日はたくさんお見舞いのコメントをいただき、
ありがとうございました。
おかげさまで唇の傷は着々と回復中です(^^
(もう抗生剤も絆創膏も無し。消毒と塗り薬だけです)
腰の方もまぁなんとか・・・・・
軽く腰痛体操で様子をみながら、休み休み動いてます(^^;
でもうちは椅子の生活ではないので
長時間パソコンの前に座っているとやっぱり腰にきます。ぐぅぅ

その後のくーちゃん、
「我にかえって落ち込んだりしてませんか?」
というご心配もいただいたのですが、
特に目に見える「反省」や「落ち込み」はないようです(^^;
彼女のすることには、きっと彼女なりの理屈があるのだろうなぁ。
(でも一応、くーちゃん自身の命に関わるかもしれない事だから
 「よそ様には絶対こんな事しちゃいけないよ」とお説教しましたけど。
 通じているかどうかは分かりませんが)
ガウられる可能性があるのが分かってるんだったら
触らなきゃいいじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、
でも、↓こーんな風に毛布に埋もれて寝てるチビ犬がいたら
おデコにチューのひとつもしたくなるのが
人情というものではないでしょうか。

RIMG0352b.jpg

で、まさにこの画像を撮った直後に噛まれたんですけど( ̄▽ ̄;

しかし習慣というのは恐ろしいもので
あの直後ですら、思わずくーちゃんにチューしそうになっている
自分にハッとして「いかんいかん」という場面が数回。
(さすがにしばらくは自粛)
うーむ、やはりヤツは『白い魔物』だわぁ。

それにひきかえ・・・・・
あらためて思ったけど
バニラは何時いかなる状態で触られても怒らないよね~。
逆にもうちょっと反抗してもいいんじゃないかと思う時もあるけど(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝、久し振りに更新されていたブログで
アミグルミを通じて仲良くさせていただいている方の
愛犬が虹の橋を渡っていたことを知りました。
たしかまだ9歳・・・・・
精悍な外見とは裏腹なあどけない笑顔、
実年齢よりむしろ若々しく見えるほどだったのに・・・・・。

最初の飼い主の元で辛い目に遭った子だけど、
私はいつもブログで見る穏やかで優しい笑顔しか知りません。
その顔は確かに『幸せ』でいっぱいでした。
リンちゃん、たくさんたくさん愛されて
本当にあなたは幸せな子だったね。
どうか安らかに・・・・・
 
 
ありがとうございます 
たまさん、ブログを更新しない間心配をして下さってありがとうございました。
そして、たまさんのブログでこんな風にリンダにコメントを頂けて
とてもとても幸せに思います。
5月1日がくれば10歳でした。その割には白髪が少なくて
若々しい外見でしたし、活き活きとした表情の子でした。

たまさんとお目にかかる機会がありませんでしたが、いつも
ブログで会いに来て下さって、仲良くして下さって本当に
ありがとうございました。

 
■ellsさん
まだお心の整理もつかないでしょうに
コメントをありがとうございます。
もうあと少しで10歳だったんですね。
だけどとても大型犬の10歳とは思えないほど若々しくて・・・
(バニラはこの夏9歳ですが、顔には白髪が増えてきました)
リンちゃんルルちゃんの日常の姿は本当にいつも幸せそうで
ブログを拝見するたびに、人間の私も羨ましくなるほどでした。
こちらこそ「本当にありがとう」と言いたいです。

ちょうどあの前の晩、何気なくバニラを眺めながら
「・・・傍らに犬がいて、自分を見上げながらニコニコ笑ってる・・・
 なんか不思議だなぁ。
 この子がいなかったらきっと毎日味気ないだろうな・・・」
なんて、ふと考えていたんですよ。
犬との出会いって、あらためて考えると本当に不思議ですね・・・
私も犬たちとの毎日をもっと大切にしなくちゃ。

ルルちゃんは元気にしてますか?
またいつの日か、元気なルルちゃんの笑顔が見られるのを楽しみにいています。
ellsさんも目の方、お大事になさって下さいね。
あらためて、リンダちゃんのご冥福をお祈りいたします。
 
偶然なのか、それともこういうことは続けて起こるのかはわかりませんが、昨日私もデイジーに噛まれました (T^T)くぅぅ~
拾い食いをやめさせようと、無理やり口をこじ開けたら、意地になったデイジーがガブリ。
流血沙汰になってしまいました。
とりあえず傷を洗って、消毒してからバンドエイドのキズパワーパッドを貼っておいたのですが、念の為に抗生剤をもらってこようかと思い、今日かかりつけの内科に行ってきました。
破傷風の注射まで打たれちゃいましたよ。
そんなに大事でもなかったんだけど (^-^;
くーちゃんとデイジー、似ているところがありますね。
やはりとっさの時には自分を守ろうとする意識が強くなるんでしょうね。
 
■かえでさん
うわ、かえでさんもですか??
コメントの感じでは結構な深手だったみたいですね、
痛かったでしょう~。。。(;_;)
私の時も先生から「破傷風」のお話されましたよぉ。
注射は無しでしたけど、ちょっとドキドキしますよね(^^;
犬の噛み傷は見た目より深いことが多いと聞きますから
お大事にして下さいね。
唇の傷も色々と不便でしたけど、手(ですよね?)も不自由そうだわ・・・。

>やはりとっさの時には自分を守ろうとする意識が強くなるんでしょうね。

デイジーちゃんにとっては一度口に入れた物を取られるのは一大事なんでしょうね。
かといって拾い食いは困りますしねぇ。
くーちゃんも、飼い主からまで身を守らなくてもいいと思うんですけどね(^^;A
誰もくーちゃんを取って食ったりしませんよー(笑)

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。