スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画鑑賞 
見てきました『チャーリーとチョコレート工場』。
水曜のレディースデーを狙って朝から一人で行きました。
(字幕版の上映が朝イチの後は夕方からしかなかったので。昼2回は吹替え版)
平日の昼間に一人で映画なんて、この歳で初めてのことでしたが、
映画館(シネコンというやつです)に着いてみると
2、3人連れの女性が多い中で一人の人もチラホラいたりして
「あ、一緒だ~」と妙に親近感を覚えたりして・・・(笑)

で肝心の映画、ストーリーの方はまぁ単純なものでしたが映像は楽しかったです(*^-^*)
おかっぱ頭のジョニー・デップもさることながら
私が楽しみにしていたのは本物のリスを調教したというくるみ割りのシーン。
本当にこれCGじゃないの?と目を凝らしたくなる名演ぶりでした。
意外とリスさんのシーンが短かったのでもっと見たかった~!
あと、ツボにはまったのはウンパ・ルンパという小人さん達。
こう書くと可愛い感じですが、実物はゴツい顔したずんぐりむっくりのオッサン達です。
(しかもみんな同じ顔。無表情だし。笑)
このオッサン達、顔はいかついけど働き者だし歌と踊り(笑)が得意なのです。
映画を見ながら「家にもひとり欲しい・・・」と思ってしまいました。ぷ( ̄m ̄*
でも最後の方、Mr.ウォンカ(デップ)と歯科医の父親が和解するシーンが
あまりにもサラッとしていたのは、
工場の映像だけでティム・バートン監督がもう満足しちゃったから?(笑)
ともかく、「めでたし、めでたし」なエンディングで楽しい映画でありました(^^
(そういえば、肝心のチャーリーはセリフが少なかったような・・・
 可愛くて良い子だったんですけどねぇ(笑))
その後、義姉と従姉妹の出産祝いを買いに行く約束をしていたので
隣接するショッピングモールの方で待ち合わせ。
2時過ぎには甥と姪が学校から帰宅するというので
1時間ほどで買い物を終えてその場で別れたのですが、
映画を見ている間ずっと眼鏡をかけていたせいか
だんだん頭が痛くなってきてしまいました(>_<)
家に帰っても頭痛は治まらず、なんだか胸までムカムカ。。。
結局、夜になっても晩ごはんも喉を通らずそのまま寝てしまいました(すまぬ、ダンナ)

ハァ~、この前映画を見に行った時はお腹の調子が悪かったし
映画館と相性悪いのかなぁ(ちなみに同じシネコンです)(--;
この頃ちょっと虚弱すぎるぞー、自分。
でもまた「ひとり映画鑑賞」に出掛けてみようと密かに思ってます。ふふ
この次は何を見ようかな( ̄m ̄*
 
 
やっぱりレディスデー行かれたんですね~。
私もそのリスさんみたいです(笑)
DVD出たら見てみようかな。
私は今度は、『この胸いっぱいの愛を』を見たいんですよね~、この映画20年前の私の故郷が舞台で、かなりその頃を再現してるらしいんです。
今はいかにも観光をメインの町になりましたが、昔はちょっとさびれた港町で、外国の船もよく停泊していたので、街中を外人さんが歩いていたり、公園で野球とかしてたら(私お転婆でした(爆))言葉も通じないのに人懐っこく私達の中に入って一緒にしたり。。。
後でお手紙を頂いても全くわからず、英語でもないので、誰も読める人も無く、今にして思えばお返事だせなくて申し訳なかったなと。。。
でも、今ほど物騒ではないにしろ、学校の先生や親達は心配していたんでしょうけどね(笑)
海沿いに古びた外国の風景のような小さなビルがごちゃごちゃ建って、彼方此方市場や商店街があって、とっても好きだったのですが、今は綺麗に整備され、いかにも美しい街づくりって感じがちょっと寂しいんですよね~。
 
そうなんです、「一人映画鑑賞」敢行してきました♪
(私の場合、一人映画より、一人お食事の方が行きにくいかも・・・)(^^;
リスさんたち可愛かったですよ~。

>私は今度は、『この胸いっぱいの愛を』を見たいんですよね~

私もTVの映画紹介で見ましたけど、良さそうですよね~。
でも舞台設定までは知らなかったのですが
Chamaさんには思い入れのある故郷が舞台なんですね。
英語ではないというと、どこの国の方だったんでしょう。。。
なんだかChamaさんて素敵な思い出たくさんお持ちですよね~、
いつかそういうお話もじっくり伺ってみたいです(^^
 
自分が親だったら、冷や汗が出そうな事を何気にする子だったみたいです(笑)
でもそう言うところ未だにあって、何年か前は誘われて、市の留学生との交流会みたいなところに行って、そこで知り合った留学生と、自分の友達、友達の友達(アフリカとアメリカからお嫁に来た子)数人とを我が家に招いたり、留学生会館の文化祭に招待して頂いたり。。。
色んな言葉が入り混じって、大変と思いきや、殆ど英語はどの子も喋るので、通訳が必要だったのは私だけ(^_^;)やっぱり英語が話せるといいなぁ~としみじみ思いました。
仲の良い保守的な友達は、「こう言う世の中だから、危ないよ」と心配してくれますが、人とか文化とか色々違う方とお話するのは楽しくて。
日本の中でも、出身地とかで、色んな文化や風習みたいなのがあって面白いですし。。。
人を観ているのが昔からとても好きだった、これが最近のわんこさんたちを観てるのが楽しいに繋がるのかも^m^

もう少し涼しくなったら、また遊んでくださいね~。
 
あ、同じ人がいた!
私も映画館で映画を観ると必ず頭痛や気分が悪くなったりします(-_-)
だから映画館って好きじゃないんだよね… なんて強がり言ってます。
それとももっと頻繁に観に行けば慣れるものなのかなぁ???
 
Chamaさん>
へぇ~、Chamaさんて全然物怖じしない子だったんですね~。
(やっぱり、と言ったら怒ります?(笑))
私もまだ祖母や母が健在だった小さい頃はモロ末っ子気質のワガママ娘で、
近所の同級生も男の子が多かったので虫やザリガニを捕ったり
木登りなんかもして結構おてんばでした( ̄▽ ̄;A
それが今ではすっかりお尻も重たく、超保守的に・・・ハハハ

佐賀でも毎年バルーンフェスタの時に「ザ・サンヤマチナイト」という
外国人選手との交流会が開かれていて、
報道を見ると「楽しそうだな~」とは思うのですが
今まで参加した事はないです(^^;q
そういえば、、、独身の頃は佐賀駅に近いお店で働いていたので
バルーンの季節になると時々外国のお客様がいらして
身振り手振りで接客したのを思い出しました(笑)

ホント、もう10月ですし、そろそろ犬連れで遊びたいですね(^^

がじゅまま。さん>
あら~、がじゅまま。さんもですか??
意外と映画で体調崩す人って多いんでしょうか?(^^;

>それとももっと頻繁に観に行けば慣れるものなのかなぁ???

そうそう、私も一人で数をこなして慣れようかと目論んでます。
一人なら途中で立っても連れに迷惑かける心配もないですしね~。
(映画のチョイスに文句つけられることも無いし(笑))
 
無理は禁物ですよ!
うまく行ったら報告してくださ~い(^_^;)
私も『チャーリーとチョコレート工場』観たいんだけど、なかなか映画館に足が向かないんです…
 
あはは、単に一人で映画に行きたいだけだったりして・・・(笑)
見たいのがあったらまたチャレンジしてみますね♪

『チャーリー・・・』はたしか先週で終わりじゃなかったかなぁ~?(^^;
今度始まった同じ監督の『コープスブライド』も面白そうでしたよ。
(↑こちらはストップモーションアニメですけどね)

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。