スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人のことば、犬のことば 
我が家に来て2年以上経つくーちゃんですが、
いまだに「言葉」にはほとんど反応しません。
やって来た当初、うっすら通じるなと感じたのは「オテ」だけで、
「ごはん」や「さんぽ」なども言葉を聞いただけで
バニラのように目を輝かせることはありませんでした。
(フードの袋やリードを出すまでほぼ無反応)
「きっとほとんど話しかけられずに育ったんだろうね・・・」
と当時はよくダンナと話していました。

そんなくーちゃんが最近「ぎゅうにゅう」という言葉に
ちょこっと反応するようになりました。
といっても時々耳をピクッとさせたり、
舌をペロペロ出し入れしたりする程度ですけどね。
2年でやっと1個(笑)、それでも嬉しい出来事です(^^
(舌ペロペロはくーちゃんの癖みたいで、
カーミングシグナルとして出す時もありますが、
気持ちが良かったり何か期待している時にもやっちゃうみたいです。)
一方バニラは小さい頃から何やかやと話しかけられてきたので、
けっこう単語とか、口調の雰囲気なんかを読み取ります。
(普通に大事にされているワンコは皆そうかもしれませんが)
例えば叱る時も、「こらっ」「イケナイ」などのいわゆる叱り言葉以外に、
こんこんと『お説教』される事も多かったので、
そんな時は耳をペタンと伏せて神妙な顔で聞いています。
犬はくどくど怒っちゃいけません、と
しつけの本にはよく書いてありますけどね(笑)

ところがくーちゃんは「こらっ」という大声にピューッと逃げる事はあっても、
シュンと反省するような感じはなく、また同じ事をしては叱られていました。
ある日、吠えてごはんを催促する声があまりにもうるさいので、
ふと思いついて「こらっ」の代わりに、犬のように鼻にしわを寄せ
「イーーッ」と歯をむき出して見せました。
すると、、、サッと目をそらして黙り込むくーちゃん。。。
予想外の効果にこっちがビックリ(笑)
人の言葉は解さないくーちゃんも、犬の言葉なら多少通じるみたいです。
ま、懲りない性格なので『反省』とまではいかないみたいですけどね(^^;

逆に、「ホントは喋れるんじゃないの?」というくらい人の言葉が分かるバニラは
くーちゃんの発する犬の言葉が分からなくて、
見ているこっちが「あんたたち、かみ合ってないよ」と
ツッコみたくなる場面もあったりして笑えます。
どっちも面白いな~と思いつつ、
今日もまたバニラとくーちゃんに話しかける私です。
くーちゃんもいつかは「ごはん」と「さんぽ」ぐらい覚えてくれるでしょうか?(笑)
 

秘密にする

トラックバックURL
http://vanicoo.blog6.fc2.com/tb.php/12-26c3a01c
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。